auひかり 5ギガ【ゲーマー目線の実測レビュー】

ネット回線

auひかりの高速回線 ホーム 5Gが導入出来るようになったので、評判では分かりにくい実際の使用感をスピードテストやゲームのダウンロード速度の結果を用いてレビューしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

auひかり ホーム 5ギガ・10ギガとは?

auが提供している光回線『auひかり』の内、戸建て向けに2018年3月より提供開始された超高速回線を使用したプランです。

通常の戸建て向けauひかりはネット速度の上限が1Gbpsですが、5ギガは5倍の5Gbps、10ギガは10倍の10Gbpsと上限が上がり、ダウンロードやアップロードが速くなります。
速くなると言ってもどういったメリットがあるのか実感しにくいと思います。

という事で、早速メリットデメリットについて話していきます。

Gbpsは回線速度を表す単位です。1Gbpsでると130MB/sでダウンロード・アップロードが可能です。 MB/sは1秒間に何MB転送できるかを表す単位です。なので、安定して1Gbps(130MB/s)が出る状態で10GBのゲームをダウンロードする場合、約77秒で完了します。10GB÷0.13GB/s(130MB/s)≒77秒

メリット

高画質動画の視聴やゲームのダウンロードの待ち時間が少ない

YoutubeやNetflixの動画を高画質設定にしても読み込み待ちせずにストレスなく楽しめます。
年々容量が増えているゲームのDL版も買って数分で遊べます。

一人や複数人で複数の機器を使用しても安定したネット速度が維持できる

例えば、『リビングのゲーム機でゲームをダウンロードしながら、リビングのテレビで4K動画を視聴して、自室のゲーミングPCでもゲームをダウンロードをする』と言ったことを行っても読み込み待ちやダウンロード速度の低下が少なく、快適にネットを使えます。

オンラインゲームを安定した環境で遊べる

FPSやMMOをプレイの時間帯によってはラグがひどくて満足に遊べないという事がないです。
利用者が少ないせいかもしれないですが、2年経ってるのにもかかわらず(記事投稿時:2020年3月)どの時間帯でも安定した環境で遊べます。

デメリット

機器単体で1Gbps以上の速度5Gbpsや10Gbpsを出すには必要な物がある

今発売されているテレビやゲーム機、スマホ、PC等は一部を除いて1Gbpsまでしか対応していません。
PCで対応させようとすると、1Gbps以上対応のMB(マザーボード)やNIC(ネットワークカード)、LANケーブル必要で、スマホ1Gbpsよりも高いWifi通信が出来るスマホ2.5Gbps対応の無線LANルーター必要です。

ただ、メリットでも言ったように対応していなくても、対応していない機器を複数使う場合には5Gbpsや10Gbpsは有効です。

対応していないゲーム機で1Gbpsの速度でゲームをダウンロードすると、1Gbpsのプランでは他の機器での動画の視聴やゲームをダウンロードしよとしても読み込み待ちや速度低下が起きます。

ですが、5Gbpsプランの場合だと3台のゲーム機で1Gbpsの速度でダウンロードを行ってもまだ余裕があり、他の機器で動画の視聴も可能です。

超高速回線プランには提供地域に制限がある

auひかりの場合ですが、超高速回線のプランは一部の地域しか現在提供していないため、利用したくても出来ない場合があります。
今後も地域は拡大されていくと思われますが、それまで待つか別の回線も検討する必要があります。

利用者や家族にauユーザーがいないと特典が少ない場合がある

こちらもauひかりの場合ですが、auスマホ等を利用しているとauスマートバリューが適用できるのでスマホとauひかりの双方で色々な特典が受けられます

こちらも今後どのようになるか分かりませんが、2020年3月時点ではauスマホを利用しているとお得です。

但し、格安sim(MVNO)を利用している場合は『auスマホとauひかり超高速回線プラン』より『格安SIM(MVNO)+auひかり超高速回線プラン』の方がトータル費用が少なくなる場合もあります。

実測レビュー

スピードテスト(BNRスピードテスト、FAST.com、speedtest.net )

各々3回計測し、その平均値を出しています。画像は計測した時に出た結果の一部になります。

実際のゲームダウンロード時間と速度は『ダウンロード完了時間』と『ゲーム容量から完了時間を割って出た平均ダウンロード速度』になります。

比較対象として、以前契約していた『NTTフレッツ光 マンションタイプ VDSL方式(上限100Mbps)』の結果を交えながら見ていきます。

計測するPCスペック

OS : Windows 10 64bit
CPU : i7 8700K 定格
メモリ : 16GB 3,600MHz
ゲーム保存ストレージ:SATA3接続のSSD(最大読み書き速度:500MB/s)
NIC : ASUS XG-C100C(10Gbps対応)
ホームゲートウェイ : BL1000HW
接続方法 : 有線(NICから直接ホームゲートウェイの10Gポートに接続)
LANケーブル : カテゴリー6a UTP (最大10Gbps)ヤフーショッピング

計測するPS4

PS4 Pro (SSDに換装済み)
接続方法: 有線(PS4から直接ホームゲートウェイの1Gポートに接続)
LANケーブル:カテゴリー6(最大1Gbps)ヤフーショッピング

BNRスピードテスト

VDSL方式昼の空いている時間帯では上限の100Mbps近く出ていますが、混雑する夜では一桁台と大分落ちています。

それに比べてauひかりでは9倍に関しては100倍以上の速度が出ています。
1Gbpsを超えていないのはおそらくサイト側が対応していないのとブラウザとの相性が悪いせいです。

左がフレッツ光VDSL方式、右がauひかり5ギガ
BNRスピードテストDownload(昼)ダウンロード速度(昼)Download(夜)ダウンロード速度(夜)
フレッツVDSL87.4Mbps10.9MB/s4.81Mbps0.546MB/s
auひかり640Mbps79.9MB/s512Mbps64.0MB/s

FAST.com

こちらは1Gbps以上の速度結果が出るので、BNR以上にVDSLとauひかりに差があります。

昼の時間帯では23倍夜の時間帯では160倍auひかりの方が高い結果が出ています。

Fast.comを運営しているNetflixは4K動画の視聴に25Mbps以上を推奨しているので、夜の時間帯ではVDSLは厳しいですが、auひかりに関しては同時に数十台のPCやテレビ、スマホで4K動画の視聴も可能です。

左がフレッツ光VDSL方式、右がauひかり5ギガ
Fast.comDownload(昼)Upload(昼)Download(夜)Upload(夜)
フレッツVDSL91Mbps85Mbps15Mbps76.3Mbps
auひかり1.7Gbps543Mbps1.63Gbps446Mbps

Speedtest.net

このスピードテストが一番早い速度結果が出ました。 私の環境ではauひかり5Gプランの限界値が4Gbps前後なのでほぼMaxの値が出ています。

比較すると昼では44倍夜は160倍も高い結果が出ています。

ただ、ここまで各サイトの結果を見てきましたがアップロード速度に関しては高くても1.1Gbpsとダウンロード速度の最大値よりも大分低い値しかでません。

他の方の結果も似ていたので、おそらくプロバイダ側の設定で低くなってるのかなと思います。

Youtubeへの動画投稿などを行う予定の方は色々な方の口コミを見てアップロード速度の速いプロバイダを選んだ方が良さそうです。

左がフレッツ光VDSL方式、右がauひかり5ギガ
Speedtest.netDownload(昼)Upload(昼)ping(昼)Download(夜)Upload(夜)ping(夜)
フレッツVDSL89.2Mbps86.3Mbps922.0Mbps63.8Mbps25
auひかり3961Mbps749Mbps43604Mbps1146Mbps5

実際のゲームのダウンロード時間と速度

Steamからのダウンロード時間は約7分の1に、PS4では約5分の一まで短縮できました。

平均ダウンロード速度もSteamでは約7倍PS4では約6倍も上がっています。

ただ、超高速回線にしては遅いと感じる結果になりました。

PS4はDLした時間帯が良くなかったのか上限1Gbpsの半分程の速度になりました。PCに関してはSteamと使用しているセキュリティソフトの相性が悪くCPU使用率が100%になってしまい思った以上に速度が伸びませんでした。

なので、PCだけですが他のクライアントでのダウンロードも行いました

ゲームダウンロード時間と速度VDSLauひかり 
 ダウンロード完了時間平均ダウンロード速度ダウンロード完了時間平均ダウンロード速度
steam Witcher3 46.6GB1時間17分10.1MB/s9分30秒81.8MB/s
PS4 Detrooit 45.7GB1時間21分9.4MB/s12分35秒60.5MB/s

PC1台で2つのゲームを同時にダウンロード

VDSLでの計測をし忘れていたので、auひかりのみの結果になります。

steamよりはセキュリティソフトとの相性も悪くなく、どちらも40MB/s以上UPという結果でした。
どちらもダウンロード中に200MB/s近く出る場面もありましたが、平均ダウンロード速度は1Gbps程度(130MB/s)に落ち着きました。

gen4 SSD搭載のPCであればもう少し安定して高い速度が出るかもしれません。

ダウンロード完了時間平均ダウンロード速度
Rockstar Game LauncherRed Dead Redemption 2 115.2GB15分8秒126.8MB/s
Uplay GHOST RECON BREAKPOINT 52.9GB7分9秒123.3MB/s

複数機器での同時ダウンロード

今度は複数機器で同時にダウンロードと動画視聴を行った場合の平均ダウンロード速度と最高画質での動画の視聴が十分に行えたかを見ていきます。

 平均ダウンロード速度
Rockstar Game Launcher Red Dead Redemption 2 115.2GB90.8MB/s
Uplay GHOST RECON BREAKPOINT 52.9GB76.5MB/s
PS4 Detrooit 45.7GB34.1MB/s
4Kテレビ(YouTubeでの4K動画視聴)◎読込み待ち無しで視聴可能
スマホ(YouTubeでの1440P動画視聴)◎読込み待ち無しで視聴可能

一台のPCでRocksta Game LauncherとUplayからゲームのダウンロードPS4でゲームのダウンロード4Kテレビで4K動画視聴スマホで1440P動画視聴計4台の機器を同時に使用しました。

PCの平均ダウンロード速度は一つのクライアントのみよりは遅くなりましたが、クライアント2つを合わせると超えているので超高速回線を生かせる結果になりました。

CPU使用率は高かったので、PCスペックがもっと高ければダウンロード速度は更に上がるかもしれません。

PS4も遅くなりましたが、4K動画の読み込み待ちが無かった事を含めると、自宅回線の圧迫というよりもPSnetworkが混雑してる時間帯のせいで速度低下が起きたと思います。

動画の視聴は先読みまでしっかりと行えていたので、スマホやテレビを更に増やせるだけの余力はありそうです。

オンラインゲームの安定性は?

オンラインゲームで重要なPingの値をApex Legendsを使って計測しました。

Pingは数値が低く数値の変動が少ない方が良く良い状態だとラグが少ないです。

パケットロスは0%が良く、1%以上あるとキャラクターが瞬間移動したり、攻撃が敵に当たらない等、満足に遊べなくなります。

 左がネットワークが混雑している時の状態、右が空いている時の状態
auひかりはどの時間帯でも変わらなかったため1枚のみ

上の画像がVDSL接続時にネットワークが混雑している時間帯(20時~24時)とネットワークが空いている時間帯で計測した物、下の画像はauひかり接続時に計測したものになります。

VDSLは混雑している時間帯では空いている時間帯よりもPingの数値が上がり、パケットロス率も高くなっており、満足にゲームを遊べない状態でした

なので、ゲームをする時は深夜や休日のお昼等とネットワークが混雑している時間帯を避けて遊んでいました。

たいして、auひかりはどの時間帯でも安定してPing5、パケットロス0%なので、正直回線を変えるだけでここまで変わるのかと驚きました。

auひかりは契約者数がフレッツより少なく、超高速回線の利用者も少ないおかげか、現在オンラインゲームをするにはお勧めの回線だと思います。

まとめ

実際契約してみて、毎月の支払額はVDSLの時より多少高くなりましたが、『どの時間帯でも快適にゲームが遊べる』『購入したゲームをすぐに遊べる』『家族がネットを使用していても遠慮する必要がない』など気兼ねなく快適にネットを使えるようになったのは良かったです。

auひかり高速回線はこんな方におススメ‼

・ ゲームを良く遊ぶ方
・ 家族が多い方

・ 複数の機器を同時に使う方
・ 配信を行う方

上記に当てはまる方は快適なネット生活を送れるようになるので、是非検討してみてください。

au光おススメのキャンペーン窓口

KDDIより12期連続表彰!をされたKDDI正規代理店の株式会社NNコミュニケーションズが行っているキャンペーンです。他社からの乗り換え時の違約金負担やオプション加入無しでもキャッシュバック等、キャンペーンが豊富です。

是非、契約事項を熟読の上、候補に入れてみてはいかがでしょうか?

お得なキャンペーンの詳細はこちら↓

期間限定‼ お買い得商品‼ 10月29日まで//
コスパが良く初めてのPCやサブPCにもおススメなゲーミングPC!!

山口県にて組み立て&検査を行う日本のBTOメーカーFRONTIERが行っているセールにて、かなりお買い得なゲーミングPCがあるためご紹介します。

それがこちらのPC↓

Core i5 + RTX 3060搭載 FRGXB560/WS37

セール限定価格 129,800円(税込み)

簡単にスペックを紹介すると、
6コア12スレッドのCPU『Core i5-10400F』搭載
複数のゲームをインストール可能な『1TBのSSD』搭載
80PLUS BRONZE認定、日本製コンデンサ仕様の『600W 電源』搭載
そして、144FPSでのなめらかなゲーム体験、レイトレーシングDLSSに対応のRTX 3060』搭載

なぜこのPCがおすすめなのか?
これより安いモデルや高いモデルがあるのに・・・

このPCを選んだ理由

GPU『RTX 3060』が搭載されているPCの中で、最安値だったからです。

安いモデルの中にはGPU『GTX 1660 SUPER』搭載モデルもありますが、

そちらは新技術レイトレーシング非対応(影や反射の描写を現実の描写に近づける技術)
今後もレイトレーシング対応のゲームは増えていくのを考えると、ゲーム開発者が表現したい映像を見ることが出来なくなるので非対応のGPUを搭載するPCはお勧めしません。

性能がRTX 3060の70%しかない。
RTX 3060だとフレームレートが60FPSのなめらな映像になるのに、GTX 1660 SUPERだと42FPSしかでず、カクカクとした映像になってしまいます。
 フレームレート(単位:FPS この数値が高いと映像がカクカクしない)

また、画質やフレームレートを上げる技術DLSSにRTX 3060は対応してますが、GTX 1660 SUPERは対応していないので、実際に見た映像の綺麗さや滑らかさは性能差以上の物があります。

これより安いモデルをお勧めしない理由

セール内には1万4千円安いPCがあります。

そのモデルは『GTX 1660 SUPER』搭載、SSDも半分の容量『512GB』しかありません。

GPUの性能差は説明した通りで、SSDも容量が増えつつあるゲームの事を考えると複数本ゲームをインストールしておくには心許ないです。

正直、1万4千円以上の価値があるので、長い目で見ると安いモデルを選ばない方が良いと思います。

これより高いモデルをお勧めしない理由(出費を抑えたい方のみ)

ゲーミングPC以外に必要な物があり、その出費も踏まえてPCを選ぶ必要があります。

必要な周辺機器:
価格は2021年10月時点のアマゾンで販売されている安くてコスパの良い商品の物です。

ゲーミングモニター(144Hzのモニター) 25000
ゲーミングマウス 4000
ゲーミングマウスパッド 2000
ゲーミングキーボード 8400
※これらの商品のリンクは記事の最後に貼っておきます。

安くてコスパの良い物を選びましたが、これらだけでも4万円程になります。

中国メーカーの物を選べばこれよりも多少安くなりますが、2~3万円はかかると思います。

あとは、『デザインが気に入った物』や『実際に店頭で触って使いやすいと思った物』を選ぶと4万円以上になります。

それ以外にも 『音を良くする為のヘッドセットやイヤホン、サウンドカード』や『モニターやマウスを置くためのゲーミングデスク』『長時間のゲーム用にゲーミングチェア』と周辺機器や家具を揃えると周辺機器だけ十数万もかかります。

なので、このモデルを選んだとしても最終的に16万以上の出費になるので、これ以上のPCを選ぶと予算オーバーになる可能性があります。

もちろん、お金に余裕があったり、4Kや高画質かつ高フレームレート(240FPS、360FPS)ゲームをしたい、動画編集や写真編集もバリバリを行いたいという方は高いモデルを選んだ方が良いです。

ゲーミングPCを初めて買う方、古いPCから買い替えでコスパの良いモデルがどれか悩んでる方は是非チェックしてみてください。

PCスペック【FRGXB560/WS37】

メーカーFRONTIER
製品名FRGXB560/WS37
OSWindows 10 Home 64bit
CPUインテル Core i5-10400F
CPUクーラー標準CPUクーラー
チップセットインテル B560
メモリ16GB (16GBx1)
SSD1TB M.2 NVMe SSD
GPUNVIDIA RTX 3060
電源ATX電源 600W 80PLUS BRONZE
保証1年間センドバック保証
販売価格¥129,800 (税込)

他にもお得なPCが販売中です。セール会場はこちら↓

コスパの良いおススメ周辺機器

ゲーミングモニター

24インチのデスク上におススメなサイズ
滑らかな映像表示ができる144Hz対応
発色の良いIPSパネル
残像が少なくなる1msの応答速度
映像の表現を良くするHDR対応
他にもゲーム向けの機能が搭載されたコスパの良いゲーミングモニターです。

ゲーミングマウス

手の小さい方向け”有線”マウス

サイズが小型に分類される手の小さい方におすすめなマウス

61gの超軽量、チャタリングが起きにくいマウススイッチ、柔らかいケーブルで無線に近い操作感、素早いマウス操作にも追従可能なセンサー搭載、オンオフ可能で1680万色から選べるライティング機能を搭載してます。

手の大きい方向け”有線”マウス

上のマウスを一回り大きくしたマウスになります。
手の大きい方はこちらがおすすめです。
値段は千円程高くなります。

”無線”マウス

無線マウスが良い方はこちらもおすすめです。
小型なので手の大きい方は使いづらいかもしれません。

色は4種類、電池駆動で充電のし忘れが起きない、有線と変わらない遅延のなさ、電池スペーサー(単4を単3に変換)を使用すれば軽量化も可能です。

ゲーミングマウスパッド

【Apex向け】滑り重視のスピード寄りマウスパッド
【Valorant向け】止める重視のコントロール寄りマウスパッド

ゲーミングキーボード

”テンキーレス”キーボード

静穏性重視の赤軸搭載、打鍵感を感じやすいメカニカルキー採用、テンキーレスで場所を取らない、剛性の高いアルミニウム合金製フレーム、暗い部屋でもキーの確認ができる赤色LED搭載

”テンキー付き”キーボード

テンキーが必要な方はこちらもおすすめです。
場所を取るのでマウスを大きく動かす方やデスクが小さい方は使いづらいかもしれません。
値段はこちらの方が安いです。

静穏性重視のロジクール独自のスイッチ搭載、メカニカルキーよりも静穏で打鍵感は感じにくいメンブレンキー、水やほこりにも強い設計、1680万色から選択可能なライト搭載

ネット回線
フォローすると最新の記事をいち早く読めるようになります。
BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール
スポンサーリンク
BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール
スポンサーリンク
PCとゲーム研究所
タイトルとURLをコピーしました