Remnant: From the Ashes 設定ごとのパフォーマンス比較

2019年8月発売の『Remnant: From the Ashes』のPC版のグラフィック設定を各項目毎に計測し、画像とグラフでどれ位違いがあるのかを見ていきます。

スポンサーリンク

ゲーム紹介

『Remnant: From the Ashes』は、怪物が蔓延るポストアポカリプスな世界を舞台にしたシングルプレイ又は最大3人のCo-opプレイに対応した3人称アクションシューターRPGです。
経験値によるレベルアップ、探索で手に入れた素材で武器の強化、チェックポイントでの回復や復活、回復薬や弾薬の補充、一定以上の高さから落ちたらダメージ等、ダークソウルに似たところがあります。但し、今作は武器が剣ではなく銃なため爽快感のあるスピーディーな戦闘が可能で、弾薬の管理や自動生成されるマップ、死亡時の素材等の紛失無し等、一味違ったゲーム体験を得られるのでソウルシリーズが好きな方はもちろん苦手な方にもおススメです。

設定&使用PC

計測時の設定
フレームレート計測時の設定は最高設定で行い、各設定項目を変えながら計測しグラフ化して%表示しています。フレームレートの影響度を最大☆三つで表示しています。

使用PC
OS : Windows10 Pro 64bit
CPU : i7 8700K 定格
メモリ : 16GB 3,600Mhz
GPU : GTX 1080 Ti 11GB
ストレージ : SSD

設定項目(☆が多いと影響大‼)

Motion Blur ☆

グラフ

Motion Blurは視点を動かした際の景色や動いている物体のずれを表現する設定です。
フレームレートへの影響は少ないです。シューターなので敵を捕らえやすくするためオフをお勧めします。

Shadow Distance ☆☆

比較画像

グラフ

Shadow Distanceは影をどこまで描写するかの距離を決める設定です。
フレームレートへの影響は中程度です。パフォーマンスと画質を両立するなら30前後がおすすめだと思います。

Shadow Quality ☆☆☆

比較画像

グラフ

Shadow Qualityは影の品質を変える設定です。
フレームレートへの影響は大きいです。Lowにすると影の描写が無くなります。おそらく、Shadow Distanceを0にしても消しきれない影まで描写されなくなるためパフォーマンスが44%上昇したのだと思います。

Anti-Aliasing ☆

比較画像

グラフ

Anti-Aliasingは色々要素のエッジのギザギザを目立たなくさせる設定です。
フレームレートへの影響は少ないです。Low以外の見た目の違いはほぼありませんでした。

View Distance ☆

比較画像

グラフ

View Distanceは遠くのオブジェクトの表示距離を変える設定です。
フレームレートへの影響は少ないです。シューターですが戦闘範囲は狭いため綺麗な風景を撮るなどする以外はパフォーマンスを優先してMedium以下にするのもおススメです。

Texture Quality ☆

比較画像

グラフ

Texture Qualityは物体表面のテクスチャの解像度を変える設定です。
LowとUltraの見た目の違いが設定を変えて再起動してみても変わらず、フレームレートも誤差といえる範囲なので、設定が反映されていないかLowでも解像度が高いのもしれません。

Post Processing ☆☆☆

比較画像

グラフ

Post Processingは被写界深度やアンビエントオクルージョン等の適用するかの設定です。
フレームレートへの影響は大きいです。Lowにすると立体感が無くなり簡素な画になります。パフォーマンスと画質を両立するならMediumに設定するのがおすすめです。

Foliage Quality ☆

比較画像

グラフ

Foliage Qualityは草のオブジェクト数を変える設定です。
Texture Qualityと同じで設定を変えても違いが見分けられませんでした。もしかしたら、草木の生い茂るマップもあるようなのでそこなら違いが出てくるかもしれません。まだ、そこまで攻略出来てないため到達次第検証したいと思います。

まとめ

『Remnant: From the Ashes』の設定項目で重いのはShadow QualityPost Processingの2つです。この2つから設定を変えていくことをおススメします。これから購入する方、パフォーマンスを改善したい方の快適なゲームプレイ、攻略の手助けになれればうれしいです。
設定の『Gameplay』内にある『Aim Snap』はコントローラー使用時のオートエイムを有効にする設定です。また、『Camera Bob』は走っている時の画面の揺れを追加する設定で、画面酔いしやすくなるので酔いやすい人はオフにすると軽減されます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました