PC版『Red Dead Redemption 2』 設定毎のパフォーマンス比較 プリセット編

2019年配信のPC版『レッド・デッド・リデンプション2(以下RDR2)』のグラフィック設定を各項目毎に計測し、どれ位違いがあるかを画像とグラフで検証していきます。
RDR2は設定項目が沢山あるので、その中から手軽に変更できる『精密度プリセットレベル』に絞って見ていきます。プリセットレベルの意外な落とし穴も⁉

11月14日のタイトルアップデート1.14にて『精密度プリセットレベル』の変更される設定内容が変わりました。そのため、本記事のベンチマークと各プリセットレベルの設定一覧の内容は古い情報の為あてになりません。
アップデートで変更された内容
・『精密度プリセットレベル』レベル0~9までの設定内容が変更
・『精密度プリセットレベル』レベル10~20までの設定内容は全て一緒
・高度なグラフィックスの設定項目に『木のテッセレーション』が追加
もし、プリセットレベルでグラフィック設定をする場合はレベル0~9の間で決めることをおススメします。
今後もアップデートでプリセットレベルの内容が変わる可能性があります。近い内にグラフィック設定項目毎のパフォーマンス比較記事を上げる予定なので、そちらを参考にして頂いて、自分に合った設定を見つけるのが良さそうです。
『グラフィックス』部分のパフォーマンス比較記事が出来ました。
↓を参考に自分に合った設定を見つけて頂ければと思います。

スポンサーリンク

精密度プリセットレベルとは?

RDR2のグラフィック設定内、上方にある項目(下記画像)です。
21段階に分かれており、 1段階変えるごとに『グラフィックス』『高度なグラフィックス』から公式が設定した項目が変更されます。 記事内ではプリセットレベルの最大を20、最低を0としてレベル0~20で表記しています。
1段階変えるごとに変わると言いましたが、1段階変えてもプリセットレベルのみ表記が変わり、各項目は変わらない部分があります。「えっ変わらないの?」と思った方、後で改めて(目次『プリエセットレベル20(画質優先)~12(バランス)』)説明します。

設定&検証PC

設定
解像度1080P、垂直同期オフでRDR2内のベンチマークを使いフレームレートを測定しています。

使用PC
OS : Windows10 Pro 64bit
CPU : i7 8700K 定格
メモリ : 16GB 3,600Mhz
GPU : GTX 1080 Ti 11GB
ドライバー:441.12
ストレージ : SSD

各プリセットレベルの測定結果

各プリセットレベルのフレームレートの違いを分かりやすいように、レベル20を基準とし%表示に変更しグラフにしています。グラフを見るとプリセットレベル20~12までは誤差の範囲の違いで、11より下のレベルでフレームレートに影響がでています。レベル20→7で約1.6倍、レベル20→2で約1.9倍もフレームレートが上昇しています。
各レベル毎の設定項目の一覧画像と変更点、一部レベルのゲーム画面も見ていきます。

プリセットレベル 20(画質優先)~12(バランス)

プリセットレベル20 設定の一覧画像
プリセットレベル12 設定の一覧画像
変更点 レベル20→12

・変更点無し

設定の一覧画像をレベル20と12を比較しいただければ分かると思いますが、19~13も同様でレベルを変更しても各設定が変わりません。ここがレベルの表記のみ変わり、各設定は変わらない落とし穴⁉です。もしかしたら、アップデートで変わるようになるかもしれませんが、11月9日時点では変更される設定項目はありません。
また、プリセットレベルの後ろにある『画質優先』や『パフォーマンス優先』はプリセットレベルを変更した際にゲーム内で表記されている物になります。上記の通り、今はあまり参考にはならないのでプリセットレベルの区切りとして見て頂ければと思います。

プリセットレベル 11(バランス)

プリセットレベル11 設定の一覧画像
変更点 レベル12→11

グラフィックス
・異方性フィルタリング x16→x8
 一定角度から見たテクスチャの精密度を変更する設定です。
・ライティングの精密度 ウルトラ→高
 太陽、月、局所光の精密度を調整する設定です。
・全体的なライティングの精密度 ウルトラ→高
 空からの間接光等の精密度を調整する設定です。

高度なグラフィックス
・草の詳細度 100%→80%
 草の描画距離を調整し、高とウルトラでは影を追加する設定です。

変更点について、例えば『異方性フィルタリング x16→x8』と表記されてる部分はプリセットレベルを12→11に変更した場合、異方性フィルタリングの設定がレベル12でx16だったが、レベル11ではx8に変わるという意味です。また、各設定下の文はその設定の説明文です。同じ設定がまた登場した場合、2度目以降は説明文を省いています。

プリセットレベル 10(バランス)

プリセットレベル10 設定の一覧画像
変更点 レベル11→10

グラフィックス
・遠景のシャドウ ウルトラ→高

 遠い影の精密度を調整する設定です。
・ボリューム効果の精密度 ウルトラ→高

 霧、雲、他のボリューム効果の解像度とシェーディング精密度を調整する設定です。

高度なグラフィックス
・近距離ボリューム効果の解像度 ウルトラ→高

 カメラから近くにある霧と雲のレンダリング精密を調整する設定です。
・遠距離ボリューム効果の解像度 ウルトラ→高

 カメラから遠くにある霧と雲のレンダリング精密を調整する設定です。
・ボリューム効果のライティング精密度 ウルトラ→高
 雲などのボリューム効果のライティング精密度を調整する設定です。
・樹木の精密度 ウルトラ→高
 植物や木の描画距離を調整する設定です。

プリセットレベル 9(バランス)

プリセットレベル9 設定の一覧画像
変更点 レベル10→9

グラフィックス
・遠景のシャドウ 高→ウルトラ
・鏡の精密度 ウルトラ→高

 鏡の反射の精密度を調整する設定です。

高度なグラフィックス
・草の詳細度 80%→40%
・樹木の精密度 高→中
・視差隠蔽マッピングの精密度 ウルトラ→高

 地面や屋根のテクスチャと影の精密度を調整する設定です。

プリセットレベル9では10で高に下がった『遠景のシャドウ』がウルトラに上がっています。プリセットレベルによっては上がる設定項目があります。分かりやすいようにマーカーを引いています。

プリセットレベル8 (バランス)

レベル8 設定の一覧画像
変更点 レベル9→8

グラフィックス
・ライティングの精密度 高→中
・遠景のシャドウ ウルトラ→高

プリセットレベル7 (バランス)

レベル7 設定の一覧画像
変更点 レベル8→7

グラフィックス
・異方性フィルタリング x8→x4
・シャドウの精密度 ウルトラ→高

 太陽、月、局所光による影の精密度を調整する設定です。
・スクリーンスペース・アンビエントオクルージョン ウルトラ→高

 2つの物体が接する際に出来る影の精密度を調整する設定です。
・ボリューム効果の精密度 高→中

高度なグラフィックス
・近距離ボリューム効果の解像度 高→中
・遠距離ボリューム効果の解像度 高→中
・ボリューム効果のライティング精密度 高→中
・ソフトシャドウ ウルトラ→高

 影を和らげる効果の精密度と光源からの距離に応じた和らかさを調整する設定です。

プリセットレベル6 (パフォーマンス優先)

レベル6 設定の一覧画像
変更点 レベル7→6

グラフィックス
・遠景のシャドウ 高→中
・リフレクションの精密度 中→低

 粗い表面や光る表面の反射の解像度を調整する設定です。
・水の精密度 高→中

 水の屈折、反射、物理挙動の精密度を調整する設定です。
・ボリューム効果の精密度 中→高

高度なグラフィックス
・近距離ボリューム効果の解像度 中→高
・遠距離ボリューム効果の解像度 中→高
・ボリューム効果のライティング精密度 中→高
・水の屈折の精密度 高→中

 水の屈折の精密度を調整する設定です。
・水の反射の精密度 高→中

 水の反射の精密度を調整する設定です。
・水の物理挙動の精密度 75%→50%

 水の物理挙動の精密度を調整する設定です。

プリセットレベル5 (パフォーマンス優先)

レベル5 設定の一覧画像
変更点 レベル6→5

グラフィックス
・鏡の精密度 高→中
・ボリューム効果の精密度 高→中

高度なグラフィックス
・近距離ボリューム効果の解像度 高→中
・遠距離ボリューム効果の解像度 高→中
・ボリューム効果のライティング精密度 高→中
・草の詳細度 40%→20%
・視差隠蔽マッピングの精密度 高→中

プリセットレベル4 (パフォーマンス優先)

レベル4 設定の一覧画像
変更点 レベル5→4

グラフィックス
・遠景のシャドウ 中→高
・テッセレーションの精密度 高→中
 木、変形した雪、泥、水など、特定の表面のデコボコを精密に表現させる設定です。

高度なグラフィックス
・視差隠蔽マッピングの精密度 中→低

プリセットレベル3 (パフォーマンス優先)

レベル3 設定の一覧画像
変更点 レベル4→3

グラフィックス
・異方性フィルタリング x4→x2
・全体的なライティングの精密度 高→中
・シャドウの精密度 高→中
・遠景のシャドウ 高→中
・ボリューム効果の精密度 中→低

高度なグラフィックス
・近距離ボリューム効果の解像度 中→低
・遠距離ボリューム効果の解像度 中→低
・ボリューム効果のライティング精密度 中→低
・ジオメトリの精密度 100%→50%

 ランプ、武器、乗り物などのオブジェクトのジオメトリ距離を調整する設定です。
・草の詳細度 20%→0%

プリセットレベル2 (パフォーマンス優先)

レベル2 設定の一覧画像
変更点 レベル3→2

グラフィックス
・全体的なライティングの精密度 中→低
・遠景のシャドウ 中→低
・鏡の精密度 中→低
・パーティクルの精密度 中→低

高度なグラフィックス
・TAAの鮮明化 100%→0%
 TAAを使用した際の解像度を調整する設定です。
・モーションブラー オン→オフ
 カメラに連動して動く物体にブレを追加する設定です。
・ジオメトリの精密度 50%→0%

プリセットレベル1 (パフォーマンス優先)

レベル1 設定の一覧画像
変更点 レベル2→1

グラフィックス
・テクスチャの精密度 ウルトラ→高

 アイテム、建物、環境のテクスチャの精密度を調整する設定です。
・遠景のシャドウ 低→中
・水の精密度 中→低
・パーティクルの精密度 低→中

高度なグラフィックス
・水の屈折の精密度 中→低
・水の反射の精密度 中→低
・水の物理挙動の精密度 50%→25%
・TAAの鮮明化 0%→100%

プリセットレベル0 (パフォーマンス優先)

レベル0 設定の一覧画像
変更点 レベル1→0

グラフィックス
・シャドウの精密度 中→低
・遠景のシャドウ 中→低
・パーティクルの精密度 中→低

高度なグラフィックス
・TAAの鮮明化 100%→0%

各プリセットレベルの画像

全てのプリセットレベルの画像を記載するととんでもない量になるので、プリセットレベル20、7、0の画像を載せています。画像はベンチマークのスクリーンショットになります。

雪のシーン(上からプリセットレベル20、7、0の順になります。)

レベルを下げるごとに草や木の量が減り、建物等のテクスチャの質が落ちています。

夜の街 (上からプリセットレベル20、7、0の順になります。)

レベルを下げると月明かりが無くなり、月明かりの影の減少、ライティングの範囲も狭くなるので全体的に暗い描写になります。

室内のシーン (上からプリセットレベル20、7、0の順になります。)

このシーンではテクスチャの変化が他のシーンよりも分かりやすいと思います。

町中のシーン (上からプリセットレベル20、7、0の順になります。)

影や馬、歩道、木の違いが分かりやすいと思います。

まとめ

プリセットレベルを変更してフレームレートを上げる場合は、レベル11以下から変化するので注意です。 この記事を参考に快適なゲームプレイと空気感漂う美麗なゲーム体験を得られる最適解を見つけて頂ければ幸いです。
もっと設定突き詰めたい方、『グラフィックス』『高度なグラフィックス』の設定項目毎のパフォーマンス比較の記事も二つに分けて作る予定です。ただ、設定が沢山あるので出来上がるまでもう暫く掛かりそうです。(本音はベンチマークばかりで雪山でジョンを救ってから進んでないので先を見たい。) なるべく早くお届けできるよう頑張ります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました